北海道虻田高等学校 Webページ
 

校訓

   明朗  誠実  努力
 

教育目標

  1 知性を高め、自ら学ぶ力を育てる。
  2 情操を豊かにし、思いやりの心を育てる。
  3 心身ともに鍛え、実践する力を育てる。

1.重点目標
 ○目標に向かって、心豊かに、ともに支え合い、たくましく、主
  体的に行動できる生徒を育てる。

(1)個性と創造性を伸ばすとともに、自ら学ぶ心持った生徒を育て
   る。
(2)礼儀正しい生活習慣の定着とともに、奉仕の心を持った生徒を育
   てる。
(3)社会の変化に主体的に対応し、自己実現を図る意欲と能力を育て
   るとともに、自立の精神に溢れ、社会的責任を果たす心を持った
   生徒を育てる。
(4)何事にも積極的に参加し、困難に打ち克つ健康な身体と生命を尊
   ぶ心を持った生徒を育てる。

2.経営方針

 ○学校教育目標を踏まえ、生徒・保護者・地域の信頼と期待に応
  え、いきいきとした学校経営を目指す。
(1)生徒一人一人の個性や能力・適性に応じた教育に努め、豊かな心
   と確かな学力の育成に努める。
(2)教職員の相互信頼に基づく指導体制を確立し、活力ある学校経営
   に努める。
(3)構内外の研修を計画的・組織的に推進し、教育の専門職としての
   資質向上に努める。
(4)保護者や地域社会と連繋を深め、地域に根ざした開かれた学校づ
   くりに努める。

3.教育課程編成の方針
 ○夢や希望、目標を持って努力する生徒の進路実現を目指した教
  育課程の編成に努める。
(1)各教科・科目の学習内容における基礎基本の定着を図り、個性と
   創造性の伸長を図る教育課程の編成に努める。
(2)生徒理解を深め、興味・関心・能力・適性に応じた教育課程の編
   成に努める。
(3)情報化・国際化の進展と時代の変化に対応できる能力と態度を養
   う教育課程の編成に努める。
(4)商業高校として地域の特色を活かし、実践的・体験的な学習に

   点を置いた教育課程の編成に努める。

4.指導上の重点事項
 ○学習指導
  基礎的・基本的な学習内容を確実に身につけさせ、自己教育力
  の育成と進路実現につながる学力の向上を図る。
(1)生徒の能力・適性等に応じ興味・関心を高める教育活動を実践す
   る。
(2)基礎学力の定着を図り、教材の精選、指導法の改善・工夫によ
   り、わかる授業を実践する。
(3)多様化する生徒に対応し、授業改善を進めるとともに学習評価の
   工夫・改善を図る。

 ○生徒指導
  倫理観を身につけさせ、他人を思いやる心・生命や人権を尊重
  する心を育成し、望ましい集団づくりを図る。
(1)家庭との連携を深め、基本的生活習慣の定着を図る。
(2)各種相談の機会等を活用して、生徒及び保護者とのコミュニケー
   ションを図る。
(3)校内外の各種活動・行事を通じて、活気ある生徒・学校づくりを
   目指す。

 ○進路指導

  キャリア教育に関する指導の充実を図り、自己の特性を理解さ
  せ、望ましい勤労観・職業観を育成する。
(1)3年間を見通し、LHRや総合的な学習の時間等を活用し、計画
   的・組織的にキャリア教育を推進する。
(2)社会人・職業人として必要な勤労観・職業観を構築し、興味・関
   心・適性に応じた進路選択、自己決定できる資質と能力を育む。
(3)社会人として必要な基礎学力や幅広い知識を習得させ、自己理解
   の深化を図る。

 ○健康・安全指導
  生涯を通して健康な生活を送る基盤をつくるため、健康安全に
  ついての意識を高め、心身ともに健康な生活を送る習慣や生命
  を尊重する心、安全に行動する態度を育成する。
(1)健康で安全な日常生活を送るための、自己管理能力育成への指導
   の充実を図る。
(2)清掃活動の徹底と校舎内の美化に努め、公共物を大切に扱う心を
   育てる。
(3)防災に関する意義を高めるとともに、交通安全・薬物乱用防止・
   性に関する指導を充実し、学校生活その他日常生活における健康
   安全の意識の高揚を図る。
 
 

カウンタ

訪問者数208460

お知らせ

北海道・心の教育推進キャンペーン

キャンペーン趣旨
 北海道心の教育推進会議では、子どもたちに生命を尊重する、他人(ひと)を思いやる、美しいものに感動する等の「豊かな心」を育むことの大切さを、家庭、学校、地域や企業、団体などへ、普及、啓発する活動を展開しており、11月を強化月間として取組を進めています。北海道虻田高等学校は、この趣旨に賛同し、心の教育推進キャンペーンを応援しています。









<虻田高校>
いじめ防止
基本方針



部活動活動方針