北海道虻田高等学校 Webページ
 

学校長挨拶


 本校ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
 本校は、北海道胆振管内西部に位置し、支笏洞爺国立公園としての有珠山や洞爺湖を配し南は内浦湾(噴火湾)に面する、風光明媚で自然環境に恵まれた洞爺湖町にあります。
 学校の沿革としては、昭和24年3月に北海道伊達高等学校虻田分校定時制課程普通科として開校されました。昭和34年には北海道虻田高等学校と校名が変更され、昭和39年に道立移管となり、その後、学科転換、校名改称など幾多の変遷を経て、平成25年度より事務情報科1間口となり現在に至っています。
 本校は、校訓である「明朗 誠実 努力」のもと、西胆振唯一の商業の専門高校として、商業の専門性を培うとともに、地域の基幹産業である観光に基軸を置いた取り組みを行い、平成27年度から学校設定科目「地域ビジネス」を開設し、国土交通省北海道運輸局と連携した洞爺湖遊覧船ガイド育成事業など、地域の観光資源を活用した取り組みを進めております。
 また、平成26年度より地域キャンパス校として、センター校の北海道伊達高等学校と連携を図り、「出張授業」や「遠隔システム」を活用した特色ある教育活動に努めております。
 これからも地域の高校として様々な取り組みを行い、学びの質を高めるとともに、生徒、保護者、地域から信頼される学校として、地域を担う人材の育成に努めて参ります。
 今後とも、一層のご支援とご協力をお願い申し上げます。
 
  平成30年4月 
                     

北海道虻田高等学校長 古室信行  

 

 


 

カウンタ

訪問者数155070

お知らせ

北海道・心の教育推進キャンペーン

キャンペーン趣旨
 北海道心の教育推進会議では、子どもたちに生命を尊重する、他人(ひと)を思いやる、美しいものに感動する等の「豊かな心」を育むことの大切さを、家庭、学校、地域や企業、団体などへ、普及、啓発する活動を展開しており、11月を強化月間として取組を進めています。北海道虻田高等学校は、この趣旨に賛同し、心の教育推進キャンペーンを応援しています。









<虻田高校>
いじめ防止
基本方針